速報!作新学院打線爆発17安打10点!大逆転!

スポーツ

速報!作新学院打線爆発17安打10点!大逆転!

作新学院打線爆発17安打10点!上田西は初戦完封の草海7失点!

【夏の甲子園! 2016】準決勝! 『 作新学院 vs 明徳義塾 』 / 打線爆発!54年振り決勝進出! / ハイライト 2016.8/20.

作新学院打線爆発17安打10点 上田西は初戦完封の草海7失点

高校は日本最大の規模と卒業生を持つ大規模校であり、ピークには約1万人の在校生がいた。長年、同一敷地内に別学の男子部・女子部を設置していたが、2003年、二つの部を統合し、「総合進学部」を設置した。現在、英進部、総合進学部、情報科学部の3部で、約4千名の在校生を擁する日本一の生徒数を誇る学校である。敷地内に幼稚園・小学部・中等部・高等部がある。高校の分だけで、10以上の校舎、3つの体育館、3つのグラウンドを持つ[1]。校名の「作新」は、黒羽藩15代目当主大関増裕の開設した藩校「作新館」に由来する。藩校の「作新館」は、増裕の海軍奉行時代の部下であった勝海舟によって名付けられたと言われている[2][3]。廃校になった作新館の名称を継承したのは、直接的な関係は無いが、創立者の船田兵吾と黒羽藩士 小山田弁助が懇意であったことによる。設立においては、田中正造らの協力があった。なお、「作新館」は実質的には、黒羽藩家老職、風野家屋敷跡にある大田原市立黒羽小学校に引継がれている[4]。2010年4月、学校法人船田教育会から分離し、学校法人作新学院の経営する学校となる。

出典 http://ja.wikipedia.org

1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ